ラベンダー枕

色々考えてしまうと、寝つきが悪くなる事はありませんか?

そんな時に私はラベンダーの花の枕をそっといつもの枕のカバーの中に忍ばせます。

ラベンダーはとても有名なハーブですよね。また火傷を治した事からラベンダーの精油を使う、アロマセラピーという言葉もできました。

鎮痛、鎮静、安眠、防虫、殺菌、消炎、消臭、疲労回復、などの効果が期待されますが、私は主に安眠と疲労回復、時々イライラするときなどは、精油をアロマポットで拡散し、鎮静作用なんかにも利用しています。

今回、このハーブや精油を紹介するのは、実は4月に入り私の学校も始まり、ストレスが溜まり始め、眠りにつく事がとても難しくなってきて、そんな時に大好きなラベンダーのハーブ枕を使ってみたら、とても寝つきが良くなったので、皆さんにも紹介したいと思ったからなのです。

枕の他にも、ハーブティーにすれば緊張がほぐれリラックスでき、精油をブレンドしてマッサージオイルにすると、肌細胞が活性化されるとも言われています。

クッキーなどのお菓子の風味づけにもよく使われます。

布の袋に詰めて車の中に吊るしておくと、車酔い防止にもなりますよ。

アロマポットやディフューザーは小さなお子さんがいるからちょっと危ないかも!と思われる方は、是非、このポプリのような使い方をしていただきたいです。食べないように必ず袋は結んでおいて下さいね。

ひとつ注意点があります。

以前にも少し触れましたが、スーパーや薬屋さんでアロマの香り…と書いてあるものをよく見かけますが、少し注意して下さい。これらは天然ではないため化学的な香りがします。その香りは人工的で、身体に良いとは言えない物も含まれている場合があります。

そのため、なるべくナチュラルで100%の精油、またはハーブを求められる事をお薦めします。

 

ヨーロッパでは古くからポピュラーな薬草とされていたラベンダーを是非、ご家庭でもお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です